日常系Vlogを撮った方が良い3つの理由

日常系Vlogはおすすめ Vlog
この記事は約5分で読めます。

はじめに

どうも、づま(@yoroduma)です。
今回は、最近流行りの日常系Vlogについて、撮った方が良い理由を書いていきます。

早速ですが、3つの理由を以下に記しました。

  • 今後確実に流行る
  • 自分自身のアルバムとなる
  • 参入障壁が低い

それぞれの理由について、細かく説明していきます。

日常系Vlogを撮った方が良い理由

今後確実に流行る

上記の記事にも記載しましたが、日常系Vlogは大手YouTuberのTV化や動画疲れ、中国での流行を考えると確実に流行っていくと考えられます。

自分自身のアルバムとなる

最近、アルバムを作るという文化が無くなってきているように感じられます。
日常Vlogを撮ることで、何気ない日常を未来に残すことが出来ます。

10年前の晩御飯の風景を覚えていますでしょうか。または、動画や写真で残せていますでしょうか。過去というのは見返したいと思っても、記録を残していない限り記憶を辿る他ありません。

Video Blogの名前の通り、ただただ人生の記録として残すだけでも価値があると言えるでしょう。

私も、未来の自分宛てにどうでも良い日常でも動画に残すことにしています。

参入障壁が低い

動画の時代になっているのに気づいてはいるが、自分は何もコンテンツを持っていない・・・。と悩んでいる方は非常に多いと思います。

Vlogの参入障壁は非常に低いです。

スマホ一台あれば動画の撮影、編集、投稿まで全て完結します。
日常系Vlogの良さは動画疲れしないところにもあると思っていますので、難しい編集も特に必要ありません。

少し慣れてきて面白く感じてきた、三脚・カメラ・マイク・編集ソフト等を必要に応じて買っていけば良いでしょう。

まとめ

1つも動画を上げていない人は可能性0ですが、1つでも動画を上げていれば可能性はあります。

参入障壁が低く、トレンドかつ伸びしろが無限大な今の日常系Vlog界隈に是非参加してみてはいかがでしょうか。

是非この記事を見て始めた方がいましたら、TwitterYouTube等で教えていただければと思います!

タイトルとURLをコピーしました