Vlog(ブイログ)とは?どんなカメラで始めれば良い?

vlogとは?作り方は? Vlog
vlogとは?作り方は?
この記事は約16分で読めます。

はじめに

近年、ますます動画メインの世の中へ変移していっています。
その中で最も注目したいワードが“Vlog”です。

今回はそのVlogについてと、始め方について記載していきたいと思います。

Vlog(ブイログ)とは?

Vlogとは、動画(Video)とブログ(Blog)をかけ合わせた造語となります。

詳しく説明すると、そもそもブログ(Blog)はウェブログ(Weblog)の略称であり、ログ(log)には”記録する”という意味合いがあります。このウェブ上で行っていた記録を、ビデオ上行っていくというのがVlogとなります。

言葉では分かりづらい部分があると思いますので、実際に例を出していきたいと思います。

Vlogは現状定まった形式はありません。そのため、Vlogとはこういう動画を指す!といったテンプレートのような物があるわけではありませんが、以下のようなタイプが非常に多いです。

  • 朝起きてから寝るまでのありのままの記録(日常系
  • 旅行等お出かけの記録(トラベル系
  • 普段経験しない物事の記録(非日常系

カッコ内の分類については、わかりやすくするために私がつけました。

それぞれの例を、実際にYouTubeに投稿されている動画で挙げていきます。

朝起きてから寝るまでのありのままの記録(日常系)

大学生や会社員、フリーランスなど様々な方がこの”日常系“の動画を上げています。

一日全てを記録している人もいれば、朝の支度(モーニングルーティン)やご飯を作るシーン、夜に行っていること(ナイトルーティン)等、一日を切り取って上げている方も多いです。

旅行等お出かけの記録(トラベル系)

国内・海外旅行先や、新しくできた施設、おすすめの場所などを紹介する動画が”トラベル系“となります。トラベル系については、職種や素性はあまり関係せず、外出先の紹介がメインとなることが多いです。

また、日常系の動画に比べて、動画の構成をかっこよくおしゃれに魅せる傾向があります。

普段経験しない物事の記録(非日常系)

普段乗れないグリーン車やファーストクラスを経験する動画や、断食の経過動画など、普段経験しない物事を記録するのが“非日常系“となります。

ただし、Vlogにおける非日常動画は「普段やらないことをやるから記録する」意味合いが強いです。これは、あまりにも考えて行ってしまうと企画系YouTuberと変わらなくなってしまうことに起因します。

始め方は?

Vlogは基本的に、スマホ一台あればすぐに始めることができます。
また、これが最大のメリットと言えると思います。

基本的なVlogの流れは以下になります。

Vlog投稿までの流れ

①動画の大まかな内容を決定

基本的には、どういう動画を撮るかを決めた上で撮影をします。
(例:朝食作りを撮ろう!等)
ただし、気まぐれに撮ったものを記録する場合もあります。

②撮影

実際に動画を撮影します。
気軽に撮れるとはいえ、カメラのアングルやブレには注意が必要です。

③編集

カットやテロップの編集を行います。
簡単なものであればスマホで完結することが可能です。
また、無編集でもトーク力で補うことも可能です。
(参考:スーツさんはテロップ無しでかなりの結果を出されています。)

④アップロード

実際に動画をアップロードします。

このように、誰でも簡単に動画をあげることができます。

ただし、こだわった動画にしたい方は、以下のようなグッズを購入する必要があります。

Vlogをこだわる人向けグッズ

  • アクションカメラ(GoPro、OSMO等)
  • スタビライザー(動画のブレを無くす)
  • 三脚
  • マイク
  • 照明
  • 編集ソフト

まとめ

今後流行っていきそうな分野である、Vlogについて書いてみました。
自分以外の人の人生が見れるVlogは、どのような方の動画を見てもわくわくすることができ、非常に面白いです。

また、中国を始めとした海外ではどんどんVlogが進化していっています。
動画広告だけではなく、撮影中に写った家具の商品の広告料で収益をあげている人もいます。

これから伸びていく分野に皆さんも参加してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました