【断言】フリーランスエンジニアのエージェント【時短が最重要】

フリーランスエンジニアが高収入を目指すなら時短 フリーランス
フリーランスエンジニアが高収入を目指すなら時短が必要
この記事は約7分で読めます。

はじめに

私は大手IT企業で働いた後、フリーランスとなりました。今はWeb関係幅広く行っていますが、最初は経験を生かしてエンジニアとして案件を取っていました。

タイトルの通り断言しますが、フリーランスエンジニアで最も重要なことは時短です。

収入を上げる気がなければそこまで気にすることも無いですが。
フリーランスで収入を上げるには、仕組み化が必要不可欠です。つまりは、労働から脱却し、仕組みで回すのを主とするようにシフトする必要があります。そのために、労働に時間を取られないことが重要になってくるということです。

これを実現できるエージェントが「tech tree(テックツリー)となります。
ただ、どこのエージェントも一長一短あるので、 tech tree の良い点・良くない点を踏まえて説明していきます。

tech tree(テックツリー) について

tech tree(テックツリー)は運営企業がWeb開発会社で、専任のキャリアアドバイザーが技術スキルを把握している上、大手IT企業で執行役員を務めてきたメンバーが揃っています。

そのため、多数の高単価の直請け案件や非公開案件を紹介しているのが特徴的です。

良い点

対応の早さと丁寧な対応

とにかく対応が早いです。

上述した通り、フリーランスエンジニアにとって時間はかなり重要なものとなってきます。各種レスポンスの速さは、スムーズに案件を進めるだけでなく自己研鑽やスキルアップ、仕組み化などあらゆることに役立てることができます。

また事務処理のような対応ではなく、自分にあった案件を一つ一つ紹介してくれるなど、フリーランスの私たちに寄り添うような親切な対応に安心感が持てました。

高単価案件が多い

tech treeの案件はエンド直案件のみなので、高単価案件(100万円以上のもの等)が豊富にあります。

商流が深くなると仲介手数料を多くとられてしまう上に、コミュニケーションに時間がかかってしまいます。

ステップアップを望むのであれば、エンド直案件を受けていくのが定石です。

支払いサイトが短い

tech treeの支払いサイトは、翌月の3営業日です。

(支払いサイトとは、締日から支払日までの期間のことをいいます。)

翌月の3営業日という速さは、業界の中で最速と言えると思います。

登録から参画までが簡単かつスムーズ

登録から参画までのフローは以下です。

①Web登録
②電話で希望をヒアリング
③案件提案・調整
④参画

この流れの中で、来社することはありません。
電話でのヒアリングとなるので、忙しい時間の中でも気軽に登録することができます。

良くない点

週5日や常駐案件が多い

時短勤務やリモート案件もありますが、週5日・常駐案件が圧倒的に多くあります。そのため、時短勤務やリモート希望なら、他のフリーランスエージェントが良いかもしれません。

エンジニア実務経験者のみ利用できる

tech treeではエンジニア未経験(実務経験1年未満)の方には、案件を紹介してもらえません。

実務未経験からフリーランスとして働きたい方は、その他のフリーランスエージェントに登録して経験を積んでから登録することをお勧めします。

まとめ

登録も簡単で、エージェント利用料は無料なので興味がある場合は登録しない手はないと思います。
大手の案件も多数ありますが、中には面白い案件を持っているエージェントを紹介してもらえることもあります。

ぜひホームページから詳細をチェックしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました