PTAの辞め方

雑記
この記事は約2分で読めます。

PTAの辞め方

お子様を学校に通わせている方で、多くの人が悩んでいるのがPTAだと思います。
やりたくもないことをやらされ、お金も時間も取られてしまう。
そもそも任意で強制力のない団体のはずなのに。

辞められます。

辞め方としては以下の方法があります。

  • 直接退会を告げる
  • 電話で退会を告げる
  • 退会届を送付する

1つずつ見ていきましょう。

直接退会を告げる

PTAの総会、学校行事の際などに直接退会を申し出ましょう。
ボイスレコーダー(スマホのアプリでも可)を使用することで、威圧感を与えられます。

電話で退会を告げる

直接が怖い方は、電話で告げるのが良いでしょう。
電話開始時に、録音していると伝えると威圧感を与えられます。
どうしても伝えづらい場合は、「PTA退会代行業の山田です」と適当なことをいっておけば、
強気に話せるかもしれません。

退会届を送付する

話すのが苦手な方は、退会届を送付しましょう。
基本的には、「学校名・保護者名・クラス・児童名・退会日」等を記載すれば問題ありません。
また、退会届受領証を一緒に送付して返送していただくようにするのも良いかもしれません。

それでも辞めにくかったら

PTAを続けたい人は、ほんの1部の人のみでしょう。
同学年の仲の良いご友人と会話し、皆でやめれば怖くないでしょう。
PTAの悪しき風習がずっと残っているのは、誰もが抵抗を諦めてきたからです。
あなたの代で大きく変化し、より良い運営方法になることを望んでいます。

タイトルとURLをコピーしました