フリーランスに必要なメンタルトレーニング

リーランスに必要なメンタルトレーニング フリーランス
この記事は約8分で読めます。

はじめに

フリーランスとして必要なのは、実力でしょうか。
もちろん、実力はあってなんぼですが
何よりもメンタルが重要となってきます。

最近はスポーツ選手等もメンタルの強化について発言することが増えています。
これは、実力を兼ね備えていても完全な状態で発揮するにはメンタルが必要となるからです。
そのためメンタルトレーニングが欠かせないわけです。

フリーランスや、会社員にも例外なく言えることとなります。
今回はメンタルを強くする方法について、心理学の観点からポイントを紹介します。

セルフ・エフィカシー

セルフ・エフィカシーとは、心理学者のアルバート・バンデューラが提唱したもので、
何かしらの行動についてきちんと遂行できるかどうかといった予期のことを言います。
日本語で「自己効力感」とも言われます。

同様の行為を行う際に、セルフ・エフィカシーが高い人は「これならやれそうだ」と感じて実際に行動に移しやすく低い人は「自分にはできなそう」と感じてなかなか行動に移せないといった傾向があります。

セルフ・エフィカシーの高め方

このセルフ・エフィカシーを高めるには、以下の4つが効果的であると言われています。

  • 達成体験
  • 代理経験
  • 言語的説得
  • 生理的情緒的高揚

それぞれの内容について説明していきます。

達成体験

1つ目は、「達成体験」です。
別名「成功体験」とも呼ばれ、その名の通り、何かを達成・成功した体験のことを言います。セルフ・エフィカシーでは最も重要な要素とされています。

「それを行った結果、どのような事が起こり、どのように評価をされたのか」という認知を形成することで行動を促すことができます。

代理経験

2つ目は、「代理経験」です。
これは1つ目の「達成経験」とは異なり、自分以外の誰かが達成・成功した経験を知るといった内容になります。

行動を促す理由としては「達成経験」と同じですが、「自分以外の誰か」の経験が要素として加わります。

言語的説得

3つ目は、「言語的説得」です。
これは、その行動をやり遂げる力があることを言語的に説得(説明)することをいいます。

自分自身での説明でも、他人からの説得でも、言語的に表現された場合に影響を与えます。

生理的情緒的高揚

4つ目は、「生理的情緒的高揚」です。
これは、自分自身の体調や、気持ちになります。

体調の管理ができていて、落ち着いているときにはセルフ・エフィカシーを高めることができます。
一方、体調不良であったり気持ちの波が激しいときには、悪い影響を及ぼしかねません。

補足ポイント

4つが万全な状態で揃えば、より良いものにはなりますが、無理に合わせれば良いというわけではありません。
調子の悪いときに無理にポジティブになろうとするのは、現実とのギャップに不安を感じてしまい逆効果の場合もあります。
現状を受け止めた上で、「できることからする」という「考え」から「行動」を決めていくことがコツとなります。

おすすめの書籍

私が実際に読み込み、フリーランスでの生活に活かせている書籍を紹介します。

是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました